前へ
次へ

人材派遣の苦情処理を行う

人材派遣では派遣スタッフから出た苦情は速やかに対処をしなければいけません。
中には面倒だということから何もしない、という営業担当者もいます。
派遣スタッフから出た苦情を処理しないのは、派遣先への印象が悪くなるということにも繋がりますし、場合によっては次の仕事に影響が出るということを考えてしまう人もいます。
ですから派遣スタッフを犠牲にするしかないと考えているようです。
しかし派遣業法でも苦情が出た場合には速やかに処理をしなければいけない、ということになっています。
けして無視をしてはいけません。
苦情が出た場合にはどういう処理をしなければいけないのか、どういう解決方法があるのかということを人材派遣会社で話し合う必要もあります。
派遣スタッフ1人が犠牲になればそれで済むと考えているのは大きな間違いです。
派遣スタッフを守ることができない派遣会社は存在をする意味もありませんし、仕事として成立をしていないということになります。

Page Top